デザイナーブログ

韓国で新展開

2月20,21日の2日間、韓国に行きました。

 

ソウルの南にあるDongtan(ドンタン)のショッピングモールに、直営店

HIDEOWAKAMATSUの第1号がオープンしました。

15坪ほどの小さなお店ですが、エスカレーター脇の好立地です。

 

写真は、ショップ責任者のMIN(ミン)さんです。

 

このショップは、韓国のメディアでも、多くの報道がありました。


写真はそのメディア報道の一部で、ニュースサイトに掲載されたものです。

 

 

3月中旬には、ソウル最大のショッピングモールGarden5に、2号店を出

店します。

内装のデザイナーと打ち合わせて、インパクトのある店を作ります。

 

新世界デパートでは、ミョンドンなど主要3店舗で、ランドセルの販売をして頂

いています。

子供用品担当の課長さんとお話させていただきましたが、大変に好評で、年間を

通して販売の予定です。

新世界デパートのプサン店の売り場が、テレビでも紹介されました、


また、新世界をはじめ、主要デパートにおいて、ケース、ビジネスバッグの販売

の商談をしています。

 

 

私の訪問中に、注文していた新車が届きました。

 

ソウルの街中を走り回って、多くのお客様にHideo Wakamatsuの

商品をお届けしたいと思います。

 

 

 

 I went to Korea from February 20 to 21.


 
HIDEO WAKAMATSU's first shop was opened in a shopping mall in Dongtan, south of Seoul.
Though the shop is small, about 60square, it takes advantage of its good location, besides an escalator. 

 
I have attached picture taken with Ms. Min, the shop manager.
Our shop has been covered widely in the Korean media.  
In middle of this March,  another new shop will be ready to open in the biggest shopping mall in Seoul called Garden5,
which interior designer has worked on it to create high-impact shop.

Randoseru has been distributing in 3 main shops at Shinsegae Department Store.
 
During my stay, I talked with the manager of children goods section in the department.
He told me that our Randoseru had had good sales, and they will keep selling throughout this year.
Our shop at Busan Shinsegae Department Store was introduced by TV show.
Not only Shinsegae Department Store but also other main department stores in Korea, we discuss business
to deal in our suitcases and business bags.

A new van we purchased was delivered to us during my stay.
We will use this car for fast delivery as well as advertisement of HIDEO WAKAMATSU brand to people in Seoul.

2012.02.24 | コメント(0)

「仙台の夕べ」にご招待をうけました

2月3日、東日本大震災からの復興、再生を誓い支援者の方々に感謝する、
「仙台の夕べ」が、仙台市の主催で溜池のANAホテルで開催されました。
「がんばれ被災地の子供たち、みんなでランドセルを贈ろう」実行委員会も、
支援組織のひとつとして、ご招待を受けました。

多くの支援者たちが集まり、仙台市の復興に向けて協力してゆくことが確認されました。

奥山市長を初め、青沼教育局教育長、高橋市民局長のみなさんと懇談を致しました。
奥山市長は大學の一年先輩に当たります。
震災以来の、ランドセル支援や、避難所生活をする皆さんへのスーツケース提供など、
実行委員会の活動に対して、心からの感謝の言葉を頂きました。


I was invited to the event "SENDAI NO YUBE (evening of Sendai)"

On February 3, the event "SENDAI NO YUBE", which means evening of Sendai,
was held at ANA Intercontinental Hotel Tokyo.
The party was held under the auspices of the Sendai City, and they planned the event
to express their hearty thanks for people who have been engaging in support activities 
for 3.11Tohoku earthquake and to pledge reconstruction and renewal from the earthquake.

Our donating Randoseru project "Never give up, children in devastated areas!! Let's give the Randoseru"
was invited to the event as a member of supporting organizations.

There were a lot of supporter there, and they promised to work cooperatively for recover of Sendai city from the earthquake.
I talked to the mayor Okumura, Superintendent Aonuma of the Sendai City Board of Education and the chief Takahashi of
Sendai civic bureau.
Mr. Okumura is 1 year senior in my university.

All of them expressed how much they appreciate our support activities such as donating Randoseru for children
and suitcases for victims forced to live in evacuation centers since the earthquake.




2012.02.07 | コメント(0)
このページのTOPへ