デザイナーブログ

岡山市にある、クラレのクラリーノ製造工場に行って来ました。

岡山市にある、クラレのクラリーノ製造工場に行って来ました。

私の会社ではクラリーノをランドセルの素材として使っています。

クラリーノは一般的にはポリウレタンの一種と言われていますが、

強度、発色、風合いなどで大きな違いがあります。

人工皮革といわれるように皮の高級感も持ち合わせており、

品質面では完全に天然皮革を超えるレベルの素材にまで進化が進んでいます。

 

しかし、いわゆる化学製品としてCO2の排出など環境面で懸念されている

部分もありました。

ですが、最先端のクラリーノはむしろとても環境にやさしい素材となっています。

ランドセルばかりでなく、HideoWakamatsuのトラベル、ビジネスなどの

製品にも、今後、どんどん使ってゆきたいと思っています。

ご期待ください。

 

 

 

I went to Kuraray Co.'s Clarino manufacturing plant in Okayama, Japan.

My company produces Randoseru, and most of them are made of Clarino.

 

Generally, Clarino is considered same category of polyurethan, but there is

a big difference between them in terms of strength, color and texture.

Clarino is referred to as artificial leather due to its expensive-looking, and the quality has being evolved much better than natural leather.

 

But people are concerned if Clarino, as chemical products, may be bad for the environment.

For example, carbon dioxide emission.

 

But the truth is opposite.

Rather, leading-edge Clarino is very environmentally friendly material.

We would like to use Clarino material not only for Randoseru but also for Hideo Wakamatsu

suitcases and business bags as much as we can in future.

 

 


2012.08.08 | コメント(0)
このページのTOPへ