デザイナーブログ

ジャイアンツ内海投手の、ランドセル贈呈式に行ってきました。

 11月24日、ジャイアンツ内海投手の、ランドセル贈呈式に行ってきました。


        


内海投手は、恵まれない子供たちのために、毎年、そのシーズンで奪った三振の
数だけ、ランドセルを寄贈しています。
今年は121個のランドセルが贈られました。

式は、赤羽の養護施設で行われましたが、ランドセルの贈呈のあと、
施設の子供たちとのじゃんけん大会でも、サインボールなど多くの
プレゼントが用意されていました。

また、子供たちとキャッチボールをしたり、みんな大喜びでした。

内海投手は、寄贈を始めた5年前から、協和のランドセルを使って頂いていますが、
昨年から、普通のランドセルではなく、内海オリジナルを希望され、
それらはすべて、協和の千葉工場で生産されています。
コンビカラーで、ジャイアンツのマークも入っています。

来年からは、寄贈できるランドセルの数をもっと増やすために、奪取三振数ではなく、
投球したイニングの数だけのランドセルを寄贈されるという事です。

 

 

I saw Tetsuya Utsumi, a famous pitcher for the Yomiuri Giants in the Japan Professional Baseball league .

 

Utsumi donates Randoseru (school backpack) as many as his achieved strikeouts in the previous season every year for disadvantaged children who enter elementary school in next spring.

In 2012, he donated 121pcs.

 

The donation ceremony was held in the childcare institution in Tokyo.

After the ceremony, he played "Janken" (Rock, paper, scissors!) with children, and handed his autographed balls and many other presents.

 

He also played catch with children, and they were overjoyed.

 

He has selected our Randoseru for 5 years, from the first year he started donation.

In last year, he created his original two-tone Randoseru with Giants logo for donation.

We have produced all of his donated Randoseru in our factory.

 
He will donate as many Randoseru as innings he will pitch instead from next season so that more Randoseru can be donated.

2012.11.26 | コメント(0)
このページのTOPへ