スタッフBLOG

一ヶ月を過ぎて

久しぶりの更新となります。

前回の更新より私はこのサイトの運営を行うと同時に、被災地へのランドセル支援

「がんばれ被災地の子供たち!みんなでランドセルを贈ろう!」実行委員会の窓口として

被災地・避難先各地域と、寄贈の表明を頂いた皆様との間に立ち、パイプをつないでまいりました。

 

本日も、宮城県の大川小学校様との連絡に大変ご協力いただいた方とお話をさせていただきましたが、

いまだに復興のままならない現地の悲惨な状況を聞くたびに胸の痛くなる思いです。

三陸道を挟んで大きく変わった景色、瓦礫の中に取り残され、それでもすくっと立つ自動販売機や水道の蛇口、大川小学校の校門・校舎の様子。

非常に詳しくお話いただき、現地へ赴くことができない私でもその光景が目に浮かぶようでした。

 

物資が余るほど届いている地域もある中、まだまだ十分な支援の行き届かない場所もあります。

復興にはまだまだ多くの時間がかかると思いますが、それまで引き続き自分は自分のできることを続けていきたいと思います。


このページのTOPへ