スーツケースの選び方

スーツケースの選び方ガイド

スーツケースの選び方ガイド

ひとくちにスーツケースと言っても、大きさや機能などいろいろあります。
自分に合ったものを選ばないと、いざ使用するときに大変なことになってしまいます。
ぜひ、以下を参考にしていただい、スーツケース選びのご参考になさって下さい。

スーツケースの使用目的は?

スーツケースの使用目的は?

 

スーツケースは使用目的によってデザインや機能が異なります。旅行用なら、荷物がたくさん入るように内部がフラットになっている物や、自分の荷物が一目で分かるよう目立つデザインの物が便利です。

一方ビジネス用に購入するのなら、飛行機内でもパソコンや書類を使用できるよう、機内持ち込み適合サイズで、パソコン収納機能のついている物がおすすめです。そして派手なデザインではなく、ビジネスシーンに合う、ブラックや紺などの落ち着いた色が良いでしょう。また、キャスターは音の静かなサイレントキャスターを選ぶのも大事なポイントです。
また、スーツケースを立てた状態でも本体丈夫のポケットが開閉できる「トップオープン」機能が付いていると大変便利です。

 

サイズの選び方

スーツケースを買う際に、最も重要なのは大きさです。持って行く荷物分だけの大きさだけではなく、帰ってくるときの荷物の量を想定して、最適なサイズを選ぶ必要があります。
出発前にはそんな気はなくても、ついおみやげをたくさん買ってしまうもの。
だからといってやたら大容量のスーツケースを選ぶと、それ自体が重いため、荷物を入れるととても重くなり、走行が困難になります。
逆に、スーツケースが小さいと荷物が入りきらなくなり、スーツケースを引きながら肩にバッグ・両手に手荷物…なんてことも。

だからこそ、荷物の量や自分の体力を考えて、最適なサイズを選びましょう。

小柄な方や女性は特にご注意!まったく持ち上がらない荷物は持っていけないと考えましょう。また階段や電車・バスの乗り降り、空港でターンテーブルから降ろす時など、スーツケースを持ち上げる機会は意外と多いです。スーツケースは大きすぎても小さすぎても使いいくいもの。ご購入後に困ってしまわないように、ご注文前のサイズチェックは慎重に行いましょう!

スーツケースが大きすぎると・・・

  • 出発前の準備の段階で、つい荷物をたくさん詰め込んでしまう。
  • 重くなってしまい、階段や電車の乗り降りなどスーツケースを持ち上げる際に大変。
  • 荷物が少ないとスーツケースの中に隙間ができてしまい、中で荷物が散らかってしまう。

スーツケースが小さすぎると・・・

スーツケースが小さすぎると

  • 必要な荷物が入らない。
  • 旅先で買ったお土産を入れられない。
  • 荷物が増えると、個別のバックが何個も必要になる。
    大きめのスーツケースが良いのか、小さめのものが良いのか?行き先や目的によって、選ぶサイズも違います。

以下を参考にしてみて下さい。

こんな場合は大きめのスーツケースがおすすめ!

  • 寒い地域に行くため、コートやセーターなどかさばる衣類を持って行く場合。
    ※荷物の大半は衣類です!暑い地域へ行く場合はTシャツなどで済むためかさばらずに済みますが、寒いところに行く場合は荷物にボリュームが出ます。
  • ショッピング目的の旅行で、おみやげが増えることが予想される場合。
  • 普段のお出かけにも、荷物が多くなりがちな人
  • 荷造りが苦手な人
    ※メッシュパックや衣類圧縮袋などの収納用具を活用することで、荷物をコンパクトにまとめることができます!
  • また、渡航先が何箇所かによっても、スーツケースの大きさは変わります。

たとえば長期の旅行でも、渡航先が1箇所ならば現地で衣類を洗濯するなどして、少ない荷物で済ませることができるでしょう。その場合、旅行日数分の荷物を想定した大きさのスーツケースではなく、ひと回り小さいスーツケースで充分に対応できることがあります。

逆に、渡航先が数箇所で、1箇所への滞在日数が少ない場合は、洗濯ができずに衣類が多くなることが予想されますし、それぞれの地でお土産を買うことも多いでしょう。そんな場合はその日数に対応した大きさのスーツケースがおすすめです。

旅行先での移動手段は何ですか?

各地への移動手段に電車などを利用する場合は、大きなスーツケースでは移動が大変になるので、できるだけ荷物を小さくまとめたほうが良いでしょう。ツアー旅行で観光バス移動になる場合は、自分でスーツケースを持ち運ぶ場面も少なくなるので、大きめのスーツケースでもさほど苦にはならないでしょう。

荷物の大きさで追加料金も!オーバーチャージに気をつけて

荷物の大きさで追加料金も!オーバーチャージに気をつけて!

スーツケースが大きくなると、当然重くなります。空港で荷物を預ける際に、規定の重量をオーバーすると超過料金を支払わなければなりません。

航空会社に預ける(託送)手荷物制限

ご利用になる航空会社により、無料で預けられる荷物の大きさや重量が異なります。機内に持ち込めるバッグの制限も航空会社や路線、航空機材によって違うことがありますので、あらかじめチェックしておきましょう。

 

それでもどのサイズにしたら良いか迷う!という方は・・・

旅行に必要な荷物を先に一通り揃えてから、ダンボールに詰め込んでみましょう。そしてお土産などのスペースを考えます。そしてそのダンボールの大きさを測ります。それが必要最低限の大きさです。スーツケースの大きさと照合し、選んでみてください。

当社が算出しているスーツケースのサイズと宿泊日数の目安は下記のとおりです。

1~3泊(~39L)(キャビンサイズなど)

国内旅行や出張用として使用される機会が多く、1つ持っているととても便利です。

1~2泊程度の海外旅行にも使えます。機内持込できるサイズのものは、荷物を持っての移動が多いときや個人旅行におすすめです。

機内持ち込み適合サイズの[スーツケース]はこちら→
機内持ち込み適合サイズの[ソフトキャリー]はこちら→

3~5泊(40~59L)(スーツケース Sサイズ)

近場の海外旅行用として頻度が高いサイズです。個人旅行で移動手段に電車やバスなどを多く利用される場合は、このサイズに荷物をまとめると比較的移動が楽です。

~59Lサイズの[スーツケース]はこちら→
~59Lサイズの[ソフトキャリー]はこちら→

5~7泊(60~79L)(スーツケース Mサイズ)

渡航先や季節にもよりますが、海外など1週間前後の旅行に適したサイズです。ケース満杯に荷物を詰めると結構な重さになり、階段等で女性が持つには少し大変な重さになります。2人分の荷物をまとめる事もできます。衣類を沢山持って行く場合もおすすめ。ただ、小柄な方の場合携行が困難かもしれません。また預け荷物の重量超過にもご注意下さい!

60~79Lサイズの[スーツケース]はこちら→
60L~サイズの[ソフトキャリー]はこちら→

7泊以上(80L~)(スーツケース Lサイズ)

長期滞在や、荷物の多くなる方に適したサイズです。物によっては航空会社の預け荷物の無料預かり範囲を超え、超過料金がかかる場合がございます。詳しくはご利用の航空会社にお問い合わせください。

80L~サイズの[スーツケース]はこちら→

機内持ち込み適合サイズって?

機内持ち込み適合サイズと表示のある商品は、フライトの際に荷物を預けることなく座席へ持ち込めるサイズです。盗難や破損などが心配な場合、このサイズ以内で収めると安心です。

  • 国際線:三辺計が115cm以内 重量10kg以内(W55×H40×D25cm)
  • 国内線:三辺計が115cm以内 重量10kg以内(W55×H40×D25cm)※100席以上の機種に限る

※航空会社により異なる場合がございます。予めご搭乗の航空会社にお確かめ下さい。

スーツケースとソフトキャリー、どちらが良いか?

スーツケース

スーツケース(ハードケース)の特長は、頑丈で中身をしっかりと守ってくれるところ。ソフトケースに比べ重くなりますが、最近は様々な工夫により軽量化が図られています。

大体のスーツケースは水平に開ききり、フタ側と底側の両方に同じくらいの容量の荷物が詰め込める設計になっていて、出し入れも楽です。中仕切りや荷物を押さえるバンドが付いているものがほとんどで、荷崩れを防いでくれます。

ソフトケースに比べ重くなりますが、最近は様々な工夫により軽量化が図られています。

スーツケース

ソフトキャリーバッグ

一方ソフトキャリーバッグの特長は、スーツケースに比べ軽いことと、外側にポケットが付いているところ。外側にポケットが付いていると、すぐに取り出したいチケットやパンフレットなどを入れられて便利です。
ソフトケースは収納部に深みがあるので、奥行きのある荷物を収納する時や、荷物の多い方に向いています。

例えば重さ7kgのハードケースを180度に開くとき、単純に考えると蓋側・底側とも3.5kgに分かれます。さらに両側に荷物をいっぱい詰め込んでいた場合、開け閉めだけでもかなりの重労働となります。力仕事は苦手という方は、底側のみの収納でフタ側には収納のないソフトキャリーをおすすめします。

ロックの方法は、ファスナーのつまみを差し込むタイプのTSAロックや、南京錠などのカギを掛けておくタイプが多いです。軽さを追求するならソフトケースがおすすめ。小回りが効く機内持ち込み適合サイズから、長期旅行にも対応する大型サイズやTSAロック搭載の撥水タイプまで様々なニーズに合った商品をご用意しています。

 

ソフトキャリーバッグ

スーツケースにもいろんな素材があるけど、どの素材がいいの?

素材は、強度や重さなどを決める大事なもの。主な素材の名前と特徴だけでも抑えておくと、スーツケース選びの指針が決まります。

スーツケース(ハードケース)の素材

ABS樹脂

従来からスーツケースのボディによく使われています。プラスチックの一種。
用途に応じてさらに加工され、ヘルメット・自動車の内装・家電品・文房具・オモチャなどにも使われている身近な素材です。弾力性があり、衝撃に強くなっています。

ポリカーボネート(PC)100%

大変タフで柔軟性もあり、元の形に戻る復元力に優れていて、押しつぶされた状態からでも元の形に戻ります。外部からの衝撃・圧力・曲げ・ひねりに極めて強い素材です。さらに強度を保ったまま薄く延ばすこともできるため、超軽量なスーツケースを作ることができます。比較的高級なスーツケースに使用されています。

ポリカーボネート+ABS

ABSとポリカーボネートを両方使用した素材。近年主流になっています。2つの素材を混合しているものや、二層構造になっているものがあります。ポリカーボネート100%よりも安価で、ABSよりも軽くて丈夫という、良いトコ取りをした素材です

鍵(ロック)方法を考えよう

スーツケースには多くのロック方法があります。大切な荷物を守るために、自分に合ったロックのものを選びましょう。

TSAロック

TSAロック

近年最もよく採用されているタイプです。9.11テロ以降、アメリカ(ハワイ、グアム島、サイパンを含む)の空港で荷物を預ける際、テロ対策として荷物検査が行われます。

その際、TSAロックでない、且つ施錠されたスーツケースは、X線捜査等により不審物の入っている疑いがあるとされると、鍵を破壊してスーツケースを開けられることがあります。

その為、各航空会社では預け荷物に鍵をかけないようアドバイスしています。

しかしTSAロックであれば、アメリカのTSA(米国連邦航空省運輸保安局)が認める特別なキーでカギをかけた状態でも壊されずに検査(開錠)されるので、施錠したまま預けてしまっても安心です。

またTSA非対応のスーツケースでもTSA対応ベルトやTSAロックを装備することにより、荷物検査での破損を回避することが出来ます。TSA対応製品にはこのマークが付いています。

他にも下記のようなロック方法があります。貴重品や精密機器などはスーツケースに入れて預けずに、必ず手荷物と一緒に機内へ持ち込むことをオススメします。

TSAロック(ファスナータイプ)

TSAロック(ファスナータイプ)

上記と同じTSAのファスナーロック。ファスナーオープンのスーツケースや一部のソフトキャリーバッグに搭載しています。

つまみを穴に差し込んで、さらに3桁のダイヤルロックをセットして施錠完了です。ダイヤルロックは自分の好きな番号に設定できます。ダイヤル番号は自分の好きな番号に設定できます。

※なお、TSAファスナーロックのダイヤルロックには鍵穴が付いていますが、それは空港職員が検査の際に使用するものです。鍵は付属していません。

差し込み錠(シリンダーキー)

差し込み錠
(シリンダーキー)

鍵穴があり、カギを差し込んで開け閉めをするタイプ。一般的に使用されている、いわゆるカギの形状です。

ダイヤルロック

ダイヤルロック

3桁のダイヤルを回してカギの開け閉めをします。ダイヤルの番号は、自分の好きな番号に設定できます。設定した番号を忘れないようご注意ください。

南京錠

南京錠

二つのファスナーの穴に南京錠を通すタイプです。ソフトキャリーバッグに多いです。TSAタイプもあります。

上記の方法でロックだけでなく、スーツケースベルトをつけることをおすすめします!
スーツケースベルトをつければ、空港でも自分のスーツケースを一目で判別でき、盗難予防にもなります。また、もしも中途半端にロックされていた場合や、旅先でロックが壊れてしまった場合でもスーツケースが完全に開いてしまうのを防いでくれます。

キャスターはどんなものが良い?

キャスター(車輪)はスーツケースの最も重要なパーツです!いくつか種類がありますが、歩くスタイルや行き先、用途に合わせてお選びください。キャスターには以下のようなものがあります。

4輪自在キャスター

前後4輪とも360度回転し、自在に動くキャスターです。急な方向転換や真横への移動も自由自在。荷物が重くても傾かず、安定した走行が可能です。ストッパーが無いので勝手に動いてしまいますが、凹凸の無い場所を移動する場合、垂直のまま引くことができ、人混みでもスイスイ移動が出来て楽チンです。
※4輪全てを使っての走行を想定して作られているため、傾けて前輪のみで走行すると前輪のみ磨耗してしまい、スムーズな走行ができなくなる原因となります。

2輪キャスター

前輪(スライドハンドルが付いている側)で走行するタイプです。スーツケースを傾けて引くようにして移動します。半埋め込み型のものが多く、キャスターの向きが固定されているので、小回りはききませんが、電車やバスの中ではバッグから手を離しても転がっていかない点が便利です。主に小さめのサイズのものに搭載されています。

新サイレントキャスター

医療用の搬送ストレッチャーのノウハウで開発された、日本設計のキャスターです。回転部分のガタつきを極限まで 押さえた本体と、耐久性と振動吸収性の両立を追求したタイヤで、従来品に比べてノイズの発生がマイナス10dBAになりました。(※10dBA違うと、音は倍違うように聞こえます)

サイレントキャスター

走行時のガラガラという不快な音を大幅にカットした、弊社独自の静音キャスターです。

 

  • スーツケースの選び方ガイド
  • TSAロックとは
  • ナンバーロック取扱い方法
  • 保証修理
  • 5000円以上で送料無料
  • 出荷スケジュール

無料会員登録

会員登録(無料)いただきますと、初回のお買い物から即時に使える500円分のポイントを付与いたします!

また、お買い上げ金額の3%がポイント付与され、次回のお買い物からご利用いただけます。
さらに新商品やキャンペーン情報の配信など、様々な特典があります。

無料会員登録はこちら